自分で上手に洗車する方法について

自分で洗車する際にまず最も気をつけなければならないことは車に傷をつけないということです。車を拭くのに使用する雑巾やタオルに砂が少しついているだけでも車は必ず傷がついてしまいます。機械で洗うと車に傷がつくので人の手で車を洗いたいという方は意外に多いのですが、機械以上に傷が付きづらい方法で洗ってる方は非常に少ないのが現状です。車を洗う際、部屋掃除などと同じく上のほうから洗っていきたくなりますが、まずは汚れがひどいタイヤから洗うのがオススメです。
圧力の高い水を勢いよくかけるのが基本です。よれ丁寧に洗う場合は水洗い後、水性クリーナーなどを使って拭き掃除します。アルミホイールは洗いムラがつきやすいブラシではなく、スポンジやタオルで洗います。タイヤを洗浄後はボディの高いところから順に洗っていくことになります。水を高い圧力でかけて、大まかな汚れを落とします。水をかけた後は肝心の拭き洗いになります。超極細繊維を使ったマイクロファイバークロスが最も傷が付きづらいのですが、ない場合にはスポンジや雑巾でも大丈夫です。ただし車用のシャンプーはきちんと使います。高いほうから低いほうへ吹き終わったら速やかに水で洗い流します。