磨き傷の消し方について

車をよく手入れをする人ほど悩むことになるのが洗車時にどうしても出来てしまう磨き傷です。
傷が出来てしまうと塗装面が反射をした時に目立ってしまい、ボディの光沢も悪くなってしまいます。綺麗にしようとしたのに逆の結果となってしまうのです。
しかし、このように洗車で出来た傷は消し方を知っておくと綺麗な状態にすることは可能です。
では、その消し方ですが、まず傷を埋める方法があります。
自動車用品店などで傷を埋めるための液剤などが売っていますのでそれを用いたり、単純にワックスをかけるだけでも効果があります。
ただこの場合は、傷を消すというよりは覆って見えなくするものですので、時間の経過と共にまた傷が表面に現れることがありますので、そのたびに同様の処理を行う必要があります。
次にコンパウンドをかけて磨く方法があります。
ガラスコーティング膜はぶ厚いので、コンパウンドをかけても塗膜が剥がれてしまうことは滅多にありません。
コンパウンドで綺麗になった後は、コーティングをしっかりとかけるようにすれば綺麗な状態になるはずです。
これらの方法を使えば傷を消すことは可能ですが、大切なのは傷を作らないように優しく洗車をすることです。

コメントは受け付けていません。