水洗いについて

洗車の基本は水洗いです。
車は、洗車をするだけで、傷が付いてしまう事があり注意が必要です。
洗車の基本は、まず最初にボディの一番高い所から順にボディ全体に勢い良く水を掛けて埃や汚れを洗い流し、ドアの隙間にも埃や汚れが溜まっている為、その部分にも水を掛けて流しておきます。
ただし、水を掛け続けても一定以上の汚れは落ちません。
水で汚れをある程度落としたら、超極細繊維の傷がつきにくいマイクロファイバークロスを水で濡らして使用します。
あまり擦らずしっかりと水を流しながら汚れを落としていく事がポイントで、使用しているクロスに泥や砂が付いていないか時々チェックし、常に綺麗な状態で洗車します。
ボンネット等の広い面は、高い方から低い方の一方向へ一気に洗い、水を流しながらの洗車が難しい場合は、バケツに綺麗な水をくみ、クロスに十分の水を含ませた上、優しくボディ面を洗います。
足回り(ホイール周り)を洗う場合も、水の勢いで汚れを落とし、アルミホイールはブラシの場合、洗いムラが出来てしまう為、スポンジで洗います。
一通り洗い終わったら、濡れたボディの水分が乾かないよう手早く拭きあげ、拭き取りのポイントは、洗車同様、高い所から低い所へ移動するのが基本です。
その際、使用するクロスは洗車に使ったものと別のものを用意するのがベストで、超吸水クロスのような拭き取り専用のクロスを使用すると吸水力が強い為、あまりこすらずに済みます。
夏場・冬場問わず、炎天下での拭き上げ作業はイオンデポジットと呼ばれるシミの原因になる為、厳禁です。
洗車の基本を知る事で、短時間かつボディに傷をつけずに車を洗う事が可能です。

コメントは受け付けていません。