シャンプーについて

車を洗車する際に気になるのがシャンプーの使い方だと思います。水で洗えば大きめの汚れは落ちますが、細かい汚れや水垢はなかなか落ちません。そこで洗剤の出番となりますが、各社様々な洗剤を販売しています。洗剤を選ぶ際は、利用する場所やホースなどの洗車する道具によって変えるとよいようです。手洗い用の洗剤と高圧ホースによる洗車では利用する洗剤の種類が変わってきます。特に手洗いで洗車をする場合は細かい部分までしっかりと洗うために洗剤も粘着力の強い物が多いようです。逆に高圧洗車する場合はすぐに落ちる洗剤が使われるようです。手洗いで洗車をする場合は、いきなり洗車せず、水で洗車をしてから行うのがコツです。洗車をするのだから最初から洗剤を使って洗いたくなりますが、洗剤の効果をきちんとだすためにもボディーを濡らしておき、また、小石など、スポンジを使った際にボディーを傷つけてしまう物を取り除いておくと安心してスポンジで洗えます。洗車する場合に間違いが多いのが洗剤の使い方です。洗剤は泡立てる必要があります。もっといえば泡で車を洗うと考えても良いです。そのため、泡立てずに洗剤を使っても洗剤がボディにつくだけで汚れは落ちていないことが多いようです。洗剤は泡立てて利用するようにするのが洗車のコツです。

コメントは受け付けていません。