手洗いで洗車するコツとは

手洗いで洗車するコツとは汚れの落とし方と水の使い方にあります。車を洗う際、大抵はホースなどで水をかけて、シャンプーをして、拭きあげるという行程をたどると思いますが、それぞれの行程で間違ったことをしている方がとても多いようです。水をかける際、小さな汚れや細かい石、泥を落とすことをする必要があります。ここで細かい石や泥は落としておかないと、シャンプーする際にボディーを傷つけてしまうことになります。また、シャンプーする際は、シャンプーを十分に泡立てることをしない方が多いようですが、シャンプーは泡でボディの汚れを取るため、泡だっていないとうまく機能しないことが多いようです。特にシャンプーを原液のままスポンジにつけて洗うとボディに余計なシャンプーが残りやすく、洗い流しが不十分でボディを痛めてしまうこともありますので、適量をバケツなどにいれて泡立てて利用することが重要です。拭き取りについては、シャンプーを残さないように十分行うことも必要ですが、シャンプでも取れなかった薄い皮膜化した汚れを拭き取ることも重要です。手洗いのコツは十分な水分と泡だった洗剤で汚れを落とし、余分な洗剤や残った汚れを乾いた布でしっかり取ることです。

コメントは受け付けていません。