ワックスがけの方法

ワックスがけは車やバイクを綺麗に乗りたい、維持したい方には必須です。しかし、ワックスをかける作業は洗車と合わせて効果的に行わないと返って逆効果になってしまうこともあるので気をつけたいところです。ワックスを掛ける際、気をつけたいポイントは2つです。1つはきちんと汚れを落とすこと、もう1つは適量のワックスを使うことです。汚れを落とすことはただ洗剤を使って水で落とせばよいというものではありません。砂やゴミを水で洗い流した後、洗剤を染み込ませたスポンジや布で軽く、泡で車を洗うようにします。この時ゴシゴシと洗ってはボディの表面を傷つけてしまうので注意が必要です。泡で汚れを落とした後は、素早く水で洗い流します。この時もボディーをむやみに擦らないようにします。洗剤は水で十分に落ちますので無理にこする必要はありません。洗車後は乾いた布で拭きあげてからワックスをかけることになります。吹上が要らないワックスもありますが、余計な水分は取っておいたほうがワックスは定着します。ワックスは説明書通りに適量にします。かけ過ぎるとボディを痛めることになりますし、ホコリなども取り込んでしまいます。ワックスは布等で綺麗に拭き取ります。吹上がいらないワックスもありますが、余分なワックスを取る意味でも吹上はしたほうがよいです。

コメントは受け付けていません。